個人事業主と法人、起業の違い

個人が起業を検討した場合にぶつかる問題点の一つとして、個人事業主で起業するのか、それとも法人化して起業するのかということがあります。
起業に悩む方の相談内容としても多く取り上げられる問題であり、メリットもさまざまな点があります。
そのためこれから起業する、したいと考えている方は個人事業主になるか法人になるかはどのような違いがあるのかをしっかり踏まえておく必要があるでしょう。

まず個人事業とは、その名の通り個人が主体の事業となります。
その事業の全責任を個人が負うことになります。
個人事業主は確定申告をする必要があり、例えば資金の借り入れを行う際にも事業主本人の借金となります。
場合によっては私財を投げ打って返済することもあり、事業がうまく行かなかった場合には個人の生活へのダメージも大きいです。

個人事業のメリットはなんといってもお手軽であることです。
運営に関しては手間もかからず費用やコストも必要ありません。
定款作成も登記も不要、税務署へ開業届を提出するだけでスタートアップすることができます。
また税務申告などに関しても法人よりかは楽であり、個人で申告している事業者も多いです。

次に法人の場合は、法人という別人格が事業の運営を行います。
そのため責任も個人が負うのではなく、法人がすべて負うため個人へのリスクが低減されます。
資金の借り入れなどを行う際にも法人という人格が借りることになるので、法人の資産の範囲内で返済を行っていきます。
個人と比較しても経営が悪化した場合にも生活に資金繰りが直結することは少なく、安定した生活が送れることもあるでしょう。

法人のメリットは個人の財産が守ることだけにとどまらず、社会的な信用度が高いため金融機関からの融資を受けやすいという面もあります。
経営者や家族への給与支払いや繰越控除などでも優位性があります。

しかし起業の際に25万円以上の費用が必要であることや税務処理や会計処理が難しく、個人で処理するのはほぼ不可能でしょう。
様々な場面でコストがかかるため、総合的な面から判断して決定するのが良いでしょう。