会社設立における定款の準備

会社設立にあたって定款は必要不可欠となります。
定款とは会社における法みたいなものであり、これに沿った運営を行うことになります。
定款の中にはいくつかの記載内容があり、会社の事業内容も記載します。
定款の中に記載された事業以上のことは原則として行うことができません。
そのため定款を準備するにあたって会社の事業内容などはあらかじめ決定しておく必要があるのです。

定款を作成することは設立する会社の根本的な規則を策定することになります。
作成にあたっては発起人全員が参加することが必要であり、署名または記名捺印を行い公証人の認証を得ることが必要不可欠です。
この認証がなければ効力を生じないのです。

定款に記載する内容には大きく分けて3つからなり、相対的な記載事項、絶対的な記載事項、それに加えて任意的な記載事項となっています。
相対的な記載事項に関しては、定款に記載しなくても効力には影響しませんが、記載しておくことでその内容に効力が発生します。
取締役会や、会計参与、会計監査人などの機関設計、株式譲渡承認機関の別段の定めなど記載しておくことでそれに沿った内容ができます。

絶対的な記載事項は定款に必ず記載しておく必要のある事項です。
もし記載されていない場合には無効になってしまうので注意が必要です。
絶対的な記載事項とは、会社の目的や称号、本店所在地など基本的な情報から、設立に際して出資される財産の価額または最低額、発起人の氏名もしくは名称、住所、会社の発行可能株式総数になります。
定款に記載しておく情報として欠かさないようにしましょう。

そして任意的な記載事項については、記載しなくても効力が否定されるわけではなく定款が無効にもなりませんが、補足的に加えておきたい内容について記載するものです。
その内容としては定時株主総会の招集時期や、それに伴う議長、会社の営業年度などの内容になります。

これら3つの記載したい内容をあらかじめ準備し、定款を作成しましょう。