オンラインで会社設立する方法

会社設立については様々な官公署や機関をまわり書類などを提出する必要があるため大変という意見も多かったですが、2017年現在ではインターネットを活用しオンラインで申請することが可能になっています。
オンラインで申請できることは商業登記はもちろんのこと、株式会社の設立登記を行うことも可能です。
これから会社設立したいと考えている方はオンライン申請をぜひ活用してみましょう。
“オンラインで会社設立する方法” の続きを読む

会社設立における定款の準備

会社設立にあたって定款は必要不可欠となります。
定款とは会社における法みたいなものであり、これに沿った運営を行うことになります。
定款の中にはいくつかの記載内容があり、会社の事業内容も記載します。
定款の中に記載された事業以上のことは原則として行うことができません。
そのため定款を準備するにあたって会社の事業内容などはあらかじめ決定しておく必要があるのです。
“会社設立における定款の準備” の続きを読む

事後設立の手続き方法について

会社を設立するにあたって、事後設立について悩まれる方も多いのではないでしょうか。
事後設立は会社を設立するにあたって避けることが出来ないことも多いのでしっかりと備えておきましょう。
この事後設立とは、会社を設立以前から存在している営業用の財産について、会社設立後2年以内に取得する契約を締結することになります。
会社を設立してすぐに高額な固定資産などを購入することを指しています。
“事後設立の手続き方法について” の続きを読む

小規模な会社を設立する方法

一昔前までは小規模な社員で会社を設立する場合には有限会社の設立が一般的でした。
しかしより現実的な内容に沿うため会社法の施行が行われており、平成18年5月以降からは新たに有限会社は設立するこができなくなっています。
現存している有限会社は、それ以前に設立された会社であり、2017年現在は特例有限会社として以前の形態が認められています。
そのためこれから小規模な社員で会社を設立する場合には、株式会社か合同会社のいずれかになるでしょう。
“小規模な会社を設立する方法” の続きを読む

個人事業主と法人、起業の違い

個人が起業を検討した場合にぶつかる問題点の一つとして、個人事業主で起業するのか、それとも法人化して起業するのかということがあります。
起業に悩む方の相談内容としても多く取り上げられる問題であり、メリットもさまざまな点があります。
そのためこれから起業する、したいと考えている方は個人事業主になるか法人になるかはどのような違いがあるのかをしっかり踏まえておく必要があるでしょう。
“個人事業主と法人、起業の違い” の続きを読む

合同会社の設立方法とは

株式会社よりも費用を抑えて会社設立を行いたい、定期的に行う必要がある役員の変更や決算公告の義務とか面倒と感じる方におすすめなのが合同会社の設立になります。
株式会社よりもお金にとらわれることがなく、自由な枠組みで会社を動かしていくことが可能です。
しかし株式会社よりもやや名称の面で弱く、顧客によっては不安を感じられる方もいます。
新しい枠組みで働きたいという起業家におすすめなのが合同会社と言えるでしょう。
“合同会社の設立方法とは” の続きを読む