会社設立には資格がなくても大丈夫?年齢制限はあるの?

 

近々独立を考えている、将来会社設立をしたいと思っている人は多いと思います。
しかし、会社設立をするとき、特別な資格などはいらないのでしょうか。
そこで、会社設立をするときは資格が必要なのかについて見ていきたいと思います。

 
・資格がなくても会社設立が出来る!?
結論から言うと、会社設立をするときは特別な資格がなくても起業できます。
しかし、一部の事業に関しては資格が必要だったり、研修を受ける必要もあります。
一般的な事業においては資格がなくても会社設立が出来るので、誰でも独立して自分の会社を設立できるということになります。
会社設立するのに最も大切なことは、経営に関してだと思います。
このノウハウさえしっかりしていれば、特別な資格を持っていサラリーマンでも株式会社や法人などの会社設立が出来ますよ。

 
・資格がないということは年齢制限もないの?
会社設立をするときに必要になる資格はないのですが、年齢制限もなく誰でも起業できるのでしょうか。
会社設立をするときは年齢制限があります。
最近は、未成年や大学生が起業するということも多くなってきていて、未成年であっても親の許可が下りていて同意書を用意できるのであれば、会社設立における本店の賃貸料や契約を済ませられます。
また、定款の作成や認証、登記の申請についても問題なく行うことが出来ます。
しかし、会社設立をするときは資本金を振込む口座や、取引先とのお金のやり取りで使用する口座開設が必要がになります。
この口座開設を行うときは事前に印鑑登録をしておく必要があり、市役所で印鑑登録が出来るのは15歳からと言われています。
このため、15歳以上または満15歳であれば誰でも会社設立が出来るということになります。
この条件さえ満たしていれば未成年であったとしても、資格がなくても会社設立をすることが出来ますよ。

 
このように会社設立をするときは特別な資格等は必要ありません。
一般的な事業に関しては資格がなくても会社設立ができるので、株式会社や法人の会社を設立したいという場合は資格は必要ありません。
資格がないということは年齢制限もないと思ってしまうことが多いですが、会社設立が出来るのは15歳からとなっています。
15歳を超えれば印鑑登録ができ、会社で使用する口座開設や実印が用意できるようになります。
会社設立に特別な免許などを取得する必要はないのですが、15歳という年齢制限をクリアしておかなければなりません。